Businessman Standing in his Office

毎日5秒のルーティンで結果を創るチームに!

こんにちは、CURRENT・Rの原小百合です。

 

クリニックで結果を出すために「これだけは絶対!」というものを一つあげるなら

先生は何を選びますか?

 

いきなり、究極な質問になりました。

実は私も常々検証しています。

 

数多くのクリニックの組織づくりをお手伝いさせて頂く中、

トップ3%と言われるクリニックであっても、その時その時の

お悩みや課題はあります。

 

目標に対して進んでいこうとすると、そこには必ず新たな課題はつきものですよね。

大切なのは、その課題をどう解決していけるか?ということです。

 

その際に大きな違いとなるのが、チームで動けるのか? それとも院長先生お一人で

頑張っているのか? という点のようです。

 

言い換えると、課題を解決し、結果をつくれるクリニックは

「一人のカリスマ」や「一人のヒーロー」が状況を変えようとするのではなく、

「チームで動いて成果を最大化」しようとしています。

 

そういう背景を踏まえて、クリニックで結果を出すために「これだけは絶対!」があるとすると、

【院内のコミュニケーションを仕組み化している】という点が挙げられそうです。

 

一人のヒーローが全てを解決するのではなく、チーム全員が動けるようにするには

業務志向型のコミュニケーションが不可欠です。

 

もし、先生がアポイント帳が毎日のスケジュール帳と化していたら要注意!

知らない間に「スタッフとコミュニケーションするのはアポイントの入っていない時」に

なってしまっているかもしれません。

 

アポイントで一日のスケジュールが一杯

コミュニケーションは後回し

仕事のできる院長先生が一人で孤軍奮闘

院内の空気が停滞する

思わぬところでミスやトラブルが発生する

ますます忙しくなる

という悪循環から抜け出せなくなってしまいます。

 

目指すのは、コミュニケーションを結果を出すための日々のタスクとして

日常業務に取り入れているということ。

 

といってもいきなり診療時間を変更してまでなかなかミーティングの設定は

ハードルが高いですね。

 

お勧めとしては、接触回数を稼ぐ方法です。

一世一代の名演説を狙うよりも、日常会話の5秒の積み重ねの方が浸透力があります。

 

各スタッフに必ず先生の方から声をかける、これを日々のタスクにしてみてはいかがでしょうか?

5秒間の声かけですので、すき間時間が使えます。

 

・タイムカードエリアで

・エレベーターで

・廊下で

・ランチの際に

 

先生からスタッフに声をかける。

特に朝の一言は重要です。

先生に挨拶の重要性を説くつもりはないのです。

意識のフォーカスは

「今日も院内のコミュニケーションがスムーズにいくように

朝からメンバーの動きをバックアップする」声かけ、です。

 

「おはよう!」の後に、

「順調?」とプラスの一言を付け加えて先生から交流を起こします。

 

【全員に1回5秒の声かけを毎日】

先生のコミュニケーションの仕組み化第一歩として試してみて下さい。

 

この接触回数があることで、「スタッフからなかなか報告が上がってこない」という

長年の硬直状態に風穴をあけることができますよ。