学んだことを現場で実践する

    トレーニングプログラムで学んだことを「知っている」という状態から「各現場にて実践している」という状態へ進めていくことができる現場対応型プログラムです。

    フォローアッププログラムの特徴

    • 患者さまの来院から医療機関を出られるまでをシーン別に細かく実践
    • 患者さまのロイヤリティを高めるための応対を one-to-one で指導
    • 「知っている」から「わかる」「できる」スタッフへ
    フォローアッププログラムとは

    研修で学んだことを実践のレベルにつなげることが目的です。現場において各場面での必要な改善ポイントを指導、スタッフの皆様が明日から実践できる応対をトレーニングします。研修内容の習得状況を研修成果サポートシートを使用し、各現場ごとに確認していきます。さらに、各スキルの専門トレーナーがその医療機関に訪問し、実際に医療機関のフロアー動線を用い、実践に即したトレーニングを行います。

    研修内容の習得状況を研修成果サポートシートを使用し、各シーンごとに確認していきます。さらに、専門トレーナーが各医療機関に訪問し、実際に院内のフロアー動線を用い、実践に即したトレーニングを行います。各医療機関が基準または目標としている患者さま応対を習得していきます。患者さまのフロアー動線は、アセスメントプログラムで使用しているエンカウンター方式と連動させています。

    エンカウンター

    フォローアッププログラムの内容

    • 研修で学んだことを実践のレベルに繋げることが目的です
    • 現場において各場面での必要な改善ポイントを指導
    • スタッフの皆様が明日から実践できる応対をトレーニング